2012年、初!?

こんばんは!

 

気づいたら今年初の更新だったよ・・・。ご無沙汰していました(汗)。

遅くなりましたが、今年もよろしくお願いします!!

ということで今年も恒例の試合前日更新をしながらも、マイペースで気分屋!?な感じで更新していこうと思っています。

 

ということで、近況報告を・・・。

始動してからキャンプ、代表召集、小平でのトレーニングを積み重ね、そしていよいよ明日からのゼロックス、ACL、リーグ開幕戦に臨みます。

個人的にはここまで順調にきていると思います。精神的にも身体的なコンディションも含めて。

今年の目標は様々なところで伝えてはいるけど、改めて「ピッチに立ち続ける」ことを第一に考えてチャレンジしていくこと。

去年の経験からこの目標がよりはっきりしたんだけど、チームが良い時よりも序盤を含めチームが苦しいときに試行錯誤する状況をピッチの上で経験できなかったことが非常に悔しかった。

様々な視点から問題に対してアプローチしながら解決し次の試合へと繋げていくことでチームや個人の成長をとても感じていました。そのころは怪我もあってピッチの外からの感覚だった。

乗り越えようとすること、乗り越えた先に見えたチームメイトの成長や新たな自信を間近で感じて自分自身歯がゆかったし、多少の焦りもあったのは事実。

自分がいなくてもチームが成り立っていく過程を感じると、自分の必要性がどんどん薄れていってしまうようで。そのあたりのことは去年も話をしてきたと思うけど、じゃあその中で自分に何が求められるのか。求めていくのかを考えたときに、やっぱりチームの使命であった「強く逞しくなってのJ1復帰」がよりはっきりと強くなった。

自分がピッチを離れている間にチームが少しずつ変化していくことは個人的には悔しい気持ちもあったけど、その使命やはっきりとした目標があったおかげで「達成するためにチャレンジすべきこと」が整理できた。

リーグ中盤から終盤にかけてチームは日々の積み重ねの中、変化していきながら逞しくなりつつあったけど、まだ何も達成していないということを思い続けていた。

そんな思いの中でプレーで結果として表現でき始めたのがアウエー徳島戦のゴールであり、繋がったのは三ツ沢でのロスタイムでのゴール。

使命を果たすために苦しいときこそ結果が欲しかった。自分のためではなくチームのために。三ツ沢での試合はプラス家族のためにもという想いも重なった。

そういった変化を受け入れ表現できたのは自分としても非常に大きかったと思う。

 

話が長くなってしまったけど、ピッチの上で変化を感じて成長できたからこそ今年はそのような目標を立てました。

特に今年は明日のゼロックスをはじめ、世界へのチャレンジもあるからね!様々な状況のピッチに立って自分が何を想い成長していくのか。そしてチームに何を還元できるか。その逆ももちろんある。チームがサポーター、選手スタッフをはじめFC東京ファミリーに何をもたらすのか。

世界へ常にチャレンジすることのできる日本のビッククラブへと成長するために。そのための経験、一番欲しているタイミングを自分たちで掴み取ることが出来た訳だから。

明日の試合はその第一歩だと思っています。

 

監督に求められていること。

自分が一番表現したかったプレーが一番に求められていることにやりがいを感じます。

ただそればかりでなく、求められるプレーをするためにやるべきこと。自分にとっては苦手なプレーをしっかりと指摘してくれるし、少しでも隙があれば檄が飛ぶ。

トレーニングでも常に見られてる感覚。見られているからやるって訳じゃもちろんないけど、そういった中で常に意識して、無意識に常にチャレンジできるレベルになりたい。

 

30才を過ぎてまたいろんな監督、指導者との出会いがあり求めるスタイルも様々だけど、そういった中でも自分のスタイル、自分にしか出来ないストロングポイントを表現し続けるためのバランスや今まで積み重ねてきた繋がりを感じるとまた違った意味でサッカーが楽しくなっていく。

今までとは「違った楽しさ」。そしてまだまだ上手くなりたいし今までの経験と今後を繋げていく、繋がるためにもね!

 

明日の試合の意気込みがまたちょっとズレてきちゃったけど、更新も久々だったので・・・。

ということで、明日もまた「ピッチに立ち続けて」目指すサッカーを表現したいと思っています。

我らがホーム、聖地「国立」で会いましょう♪

 

それではまた・・・。

 

 

 

なおひろ

 

 

 

コメント