明日への力・・・

こんばんは!

 

今日は前泊はないので自宅から更新です

写真も添付できるのであとで載せよっと♪

 

試合が続いた中で恒例の更新が出来なくてすみません

正直何を話そうか悩んでいるうちに更新出来なかった・・・。 別にそんなに思いつめてる状況でもないんだけど。

ということで相変わらずマイペースなので、誰かさんのことをとやかく言うことは止めにします(汗)。

 

「スルガを獲って世界一~♪」

ということで、世界一かどうかはよくよく考えてみたら謎ではあるけど(笑)、そんなことは関係ありません。

チーム、サポーターがまた1つになった瞬間だったね♪

試合後のサポーターへの挨拶、そして記念撮影はサイコーでした みんないい笑顔してたよ♪

 

海外のクラブと試合が出来るチャンスって今はなかなかないしタイトルももちろん意識したけど、連戦中になかなかチームに貢献出来ていなかったもどかしさを試合開始から払拭したかった。

ただ改めて自分が今何をすべきなのかを考えるチャンスでもあったと思う。

何度も同じような状況を経験してきているのになんでうまく次へと切り替えられないんだとという気持ちがどこかにあり結果にはつなげられなかった。

ピッチに立つときにはそんな気持ち微塵もないんだけどね。そんな状況のときにはちょっとしたことでナーバスになったりする。

でもよく考えれば似たような状況を経験してきていても実は違っていたりするんだよね。

経験すればするほど自分の出来ること、判断する引き出しが増える訳だからその分迷いも生じるけど、本質的な部分は良い意味で変わらないから。

 

自分を信じること。それがなければ継続すること、チャレンジし続けることなんてできない。

様々な視点からの意見も受け入れられる状態であること。

そういった部分を取り入れながら自分の形に変えていく。

 

チームには色んな状況がある。それは選手それぞれを見ても一緒。

そこで助け合うこと、刺激をし合いながらも1つになって戦うこと。

お互いを尊重して後押しし、その姿に刺激を受けて自分もまた踏ん張る。

 

そういったことを国立でまた感じることが出来た、そんな一戦だったと俺は思う。

とにかく、細かいことは抜きにして、サイコーな時間だったということです(笑)。

あれっ、簡単にまとめすぎちゃった!?

 

 

連戦中で忙しいけど、色んなことで癒されて次へのパワーに変えています。それが俺のライフスタイル。

カッコつけすぎたかな~(笑)

しっかり休むこととアクティブに過ごすバランスがとても重要

 

ということで、最近発売になった Caravan のベストアルバム第1弾! 「The Planet Songs vol.1」 をファンの方から頂いたので毎日聴いて口ずさんでます

「旅路 ~キャリア~」 の集大成ということで、俺にとっても昔聴いていたときを思い出しながらという感じで♪

第1弾ということは・・・

第2弾もある~♪ ということで、そちらは9月15日発売になります

楽しみだな~♪

 

「サッカーとサーフィンとCaravanで幸せになれます」

また誰かさんの名言頂きました(笑)。

 

ということで、タイミングを見計らって夕方に気温の下がった某日(笑)、久々に会う仲間と共にチャプチャプしてきました

 

             Photo by 通りすがりのお姉さん

 

若かりし頃のサッカー仲間(笑)

 

何とも言えない素晴らしい時間を共有できました。

波はあんまり良くなかったけど、そんなことは関係ない。色んな話を海の上でしてリラックスできました♪

髪がボサボサで、しかもゴミが写ってるけど(笑)

このアングルが好きです♪

Photo by M

 

そして、そんな最高な時間を見守っているかのように・・・

Photo by K

Photo by M

言葉にならなかったよ

俺らが見つめるのではなく、見守られている感覚

 

この時期にはここまで綺麗に見ることができないみたい。

無理承知で急な誘いだったけど、本当にいい時間だったな~

 

湘南、鎌倉はなんだか不思議なところ。

夏は大渋滞だし、正直言って海は他に比べて決して綺麗だとは言えないけど・・・。

すべてひっくるめて惹きつける場所なんだよね♪

とくに日が沈むくらいの時間帯の何とも言えない雰囲気が。

淋しさなのか、それとも明日への希望なのか・・・

音も匂いも景色も何だか懐かしい感じがして。

 

 

さぁて、パワーも満タン!

明日も走り回るよ~!!

このデッカイ新しいスパイクでね

ちょっとデカすぎたわ(笑)

 

新たなカラーでゴール狙っていきます

 

それではまた明日・・・

 

 

 

 

なおひろ

 

 

 

コメント