勝って兜の緒を締めよ

こんばんは!

昨日の試合は結果だけ見たら大勝かもしれないけど、とても難しい試合でした。

セレッソ戦のあとのサンフレッチェ戦。あの経験を無駄にしてはいけなかったし、この試合で負けてしまうことはある意味ジェフ戦の価値ある勝利が全く意味のないものになってしまう。それぐらいの気持ちで臨んだ試合だった。

だからといってプレッシャーがあったわけではない。今の自分たちのサッカーをすれば負ける訳がないという自信もあったし!

そんな中での「フジさん」のゴールはチーム全体が勢いがさらにでた1発だったと思う。

90分間の中でうまくいく時間、うまくいかない時間がもちろんあるけど、今は悪い流れやそんな時間帯のときでもみんなが積極的に声をだして盛り上げたり、悪いところは改善しながらプレーできている。どんな状況になっても慌てない、下を向かない、そんな雰囲気をチーム全体で作れていると思う。

個人的にもそれは言えるかな。突破に失敗しようとクロス、フィニッシュで失敗しようと今は慌てることがない。「次は必ず!」という気持ちでプレーできてるんだよね。

そういった自信や前向きな気持ちが次のプレーにつながる。

最近チームとしても個人としても変化してきたところって、後半の両チームとも苦しい時間帯の中でよりチャンスを作れていたり、そのチャンスをものにできている集中力や力強さがあるというところ。

暑いし、苦しいのは相手も同じだけどそんな時こそ力が発揮できているのは自信になってる。

個人的にも今までは前半に点を取ることが多かったと思うし、ゲーム終盤になるにつれて決定的な仕事ができなかった。

苦しいときこそ頑張れる!こういったこともリハビリで学んだ精神なのかも。

 

連勝・・・

でもチームの中で満足してる人なんていないね。自信にはなってるけど、まだまだできる。

連続ゴールで調子も上向きかもしれないけど、やっぱりまだまだ満足できない。

調子がいいとは思わない。自分の力を自然に発揮できているだけ。

だから俺は常に 「平常心」 の気持ちで試合に臨みたいと思ってるし、試合中でも常に心がけていること。

「調子がいいな」、「好調だな」って思うとそのときはいいかもしれないけど、次の場面では 「その好調を維持しよう!」って余計な考えが働かない?

「好調」っていうのは本来自分が持っている力以上のことのようで好きじゃない。普段やっていることを諦めずにトライしていけば結果はついてくる。

そんな心の状態でこれからも試合に臨んでいこうと思ってます!

 

今田舎からおばあちゃんが来てるんだけど、昨日の試合国立に応援しにきてくれて・・・

怪我してしばらくの間はプレーする姿を見せられなかったから、元気な姿を見せることが出来たのとゴールをプレゼントできて本当によかった♪

 

明日はもう清水へ移動

サポーターのみんなにとってもハードな日程だけど、2002年からしてない!?3連勝を目指して・・・

そーいえば去年だったかな?久々の勝利後、帰りのバスの中で原付に乗ったうちのサポーターを発見(驚)!!!!

こんなに遠くまで原付でっ!! ってビックリしたのを思い出した(笑)。

 

それではまた・・・          なおひろ

コメント