こんちは~~~!

ちょっと時間が経っちゃうと話したいことがどんどんいっぱいになって何から話をしようかと迷っちゃうなぁ~・・・。

今回の合宿は神戸から始まって、大阪、浦和と移動してきたんだけど、一番驚いているのは、応援してくれている人の多さっ!!
もちろん練習や試合に足を運んでくれる人も多いんだけど、練習前や練習後のホテル前にいっぱい来てくれてて。
今までチームや五輪の方では経験したことのない人数だったからかなりビックリ!!
そんな中、声をかけてくれる人なんかがいるんだけど正直恥ずかしくてあんまりこたえることができなかった・・・。
無視したりとかしている訳じゃないんだけど、しっかりとみんなの声は届いています。

そういった声援にはピッチの上で応えようって思って臨んだキリンカップ第一試合、アルゼンチン戦。

前半はほとんどベンチで試合の状況をみていたんだけど、相手ってよりは日本の調子がどうもおかしかった。
少しバタバタしていたというか、ボールが足についていないというか・・・。
試合には出場していないからその状況はよく分からないけど、それがアルゼンチンの実力なのかもしれない。
日本のサッカーをさせない戦い方、そういったものを試合のなかで判断してプレーしていたのかもしれない。
そういったことは実際ベンチでは色々な想像はできるけど、ピッチの上でないと確認はできない。だからこそ試合に出たかった。
もちろん自分の力をどれだけ出せるか、どんなところが通用するのか、しないのかを知る上ででも試合に出ることは貴重だったのかもしれない。それと同時にボールを受ける位置、タイミング、そしてドリブルでしかけてくるタイミングなども肌で感じたかった。

みていただけでもその辺の凄さは感じたけど・・・。
同じ年の選手とも是非戦ってみたかった!サビオラ、コロッチーニ、ロドリゲス。
世界基準でプレーしている選手達だと思う。僕が目指している世界に彼らはすでにいて、活躍している!
そう思うと悔しいし、負けたくないっすねー!!

明日は埼玉スタジアムでパラグアイと。
コンフェデのメンバーには入っていないから、今回の召集では最後のアピールになる。
確かにここまでの合宿で色々な経験ができている思う。でも日韓戦やアルゼンチン戦の雰囲気をベンチで感じていると、どうしてもピッチの上でそれらを感じたい!!
アルゼンチン戦が終わってスタンドに挨拶をしようと思ってグラウンドの芝を踏んだ瞬間、熱気というか、言葉では表現しづらいんだけど「戦いの後」みたいなものをモワッッ!!!と感じたんだよね。こんなのは今までサッカーしてきて初めて!!
試合後がこんな感じなんだから、試合中はど~なってんだよっ!?ってかんじでしょ!!

これから埼スタで最終調整。明日に向けていい準備をしたいと思います!

最後に最近読んだ本を・・・
木村拓哉の「開放区」、我らが窪塚洋介の「PIECES OF PEACE」、そしてダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」

共通して言える言葉。それは「初心をわすれんなよっ!」って感じかな!?
読んだ人がいたら是非感想くださいねっ。それではっ・・・

なおひろ

 

コメント