最後のFマリノス戦

こんにちは!

 

何から話をしたら良いのか・・・。いつも通り試合後に言葉で伝えようと思っていたけど、色々とありすぎて胸がいっぱいになってしまい整理することが出来ませんでした。

まずは、試合前にもかかわらず新横浜駅での募金活動へのご理解ご協力ありがとうございました。こちらの配慮が足りずご迷惑をおかけした方もいらっしゃったかもしれませんが、皆さんの温かい想いをこれからもしっかりとしずくちゃんに伝え続けていきたいと思っています。

アウエー日産スタジアムでのFマリノス戦。

試合後は旅立つ翔哉との別れ。良い形で送り出してあげたかったけど・・・。あいつなら結果に繋げていきながら今後日本代表でも力を発揮してくれると思います。彼からまだまだピッチの上で学びたいことも多くあったし伝えたいことも多くありました。自分と重ね合わせてしまうことも多くて。でも自分を信じて突き進んでほしい。

悠平、350試合出場おめでとう!!!先日の遼一に続いて偉大な記録。でも悠平のポテンシャルからして、怪我に気をつけてまだまだやってもらわないとね。

 

試合を観ていた方も多いと思うのでここで内容はあえて触れません。僕たちは結果を含め、今ピッチで起きていること・感じていること・クラブとして目指すべき方向性を、期待しサポートしてくださっている皆さんの想いを胸に秘めながら、クラブがより一体となってお互いの考えを突き詰めながら本音をぶつけ合い、誰一人現状から目を背けることなく戦い抜くことができる絆であり繋がりを強め続ける必要があります。

何度も同じことは口にしてきました。出来ていないのだから綺麗ごとだと言われても何も言えません。でも、出来ていない、足りない部分は自分たちが自ら掴み続けるまでとことん貪欲に求め続けていく必要がある。その覚悟があるのであればどんなことがあったとしてもお互いが引き出し合い、カバーし合いながら前に前に進もうとすべきです。

その姿が感じられないから、一緒に戦って下さる皆さんにとってはもどかしいのだろうと・・・

引退会見でも言葉にしたけど、現状起きている問題は起きている内部で解決し、解決した姿を結果を含めピッチ内外でお見せしたい。時間はかかるかもしれません。自分も含め、決して当たり前ではないことも当たり前のようにして進んできた訳だから。このまま終わってしまうのか。皆が変化し、進化したいという熱量を持ってどれだけ取り組めるのか。今までそうしてきたように、どんな立場や状況であってもその行動や想いを意地でも繋げるアクションを起こし続けること。

ただ、選手という立場でいる以上ピッチの上でそれらを表現出来なければ選手としての意味がないことにも改めて気づかされました。ピッチに立てない選手だからこそ気づける部分ももちろんある。どうにもできないからこそ、どうにかして自分に出来ることはと考え伝えつづけてきました。でもやっぱりピッチに立ち続けている選手が感じる部分とは明らかに気づく部分や温度差が違ってきてしまう。同じ熱量で伝えていても、ピッチから離れている期間が長くなればなるほどぞのズレが大きくなってきている。どうしようもないことなんだけど、一選手としてこのズレはとてつもなく大きい。もどかしい想いでもいます。

だからといって今まで自分が信念を持って取り組んできたことを諦めるつもりもありません。その信念があるから、それらを長く持っているか偉いだとか、持っているから勝てるだとか・・・。そんな風に思ったことは1度もないし言われる筋合いもない。でもシンプルに、この信念がピッチに立つ為には必ず必要なんだと。自分だけでなく、必ず今よりよい状況にする為に必要なんだという自負があるだけ。

それが出来なかった時にはどんな人に何を言われたっていい。言われることが嫌だとも思わない。それまでの選手なんだから。でも今それを自分も周りも判断するべき時ではないし、その熱量があるならどんな形であれ伝え続けろ。その熱量が続かなくて言葉にするんだったら、その言葉に見合う熱量を俺が引っ張り出してやるよと。逆に俺にその熱量が感じられないのであれば引っ張り出しにこい。

そういう関係性で、最後になるかもしれないけどピッチに立ってここ数年望んでいたピッチの上で求め合って共にプレーしたいし、選手だけでなく監督・コーチ・フロント含めスタッフ皆で本気で求め合う姿をファンサポーターに示して最後の最後まで勝利を目指したい。それだけ。それが出来るか出来ないか。皆さんにも最後の最後まで見届けてもらいたいと思います。

昨日の今日だから、内部で解決だなんて言っておいてここまでさらけ出しちゃったら昨日起きていたことがバレバレなんだけど(汗)、そういう求め合いをしてひとつ解決したと思っているから言葉にしてしまいました。

スマートでもなんでもないと思うけど、ここまでどんな時も一緒になって戦ってきた仲間だからこそ今起きていることや感じていることを正直に話をするし、自分のこのスタンスも最後までよい意味で変われないし変わりません。それが事実だから。

 

最後になってしまったけど、そういった話を試合後にしていたから時間が経ってしまいうちのファンサポーター、Fマリノスのサポーターの皆さんへ挨拶に行くのが遅くなってしまいました。

選手の間にFマリノスと戦えるのも昨日が最後。皆さんの想いのお陰で試合後Fマリノス側のゴール裏へ挨拶に行かせていただくことが出来ました。うちのファンサポーターの皆さんに一言伝えてからゴール裏へ行こうと思っていたのですが、ほとんどの方が帰っちゃっていたので、残って待っていてくれた皆さんにはその旨を伝えて向かいましたが、僕の想いも理解して下さり本当に感謝しています。

 

長時間待って下さっていた皆さんの姿を見て涙・・・

「追浜出身のA代表 マリノス育成の誇り 喜び 宝物」と、青赤で書かれたメッセージに涙・・・汗

想いが溢れ、情けない姿であり途切れ途切れの言葉になってしまいましたが、皆さんの前で話をさせてもらった言葉が全てです。

本当に不思議な感覚でした。自分が15年前の姿に戻った感覚。そこから、何もチームに貢献できなかった不甲斐なさ、当時は今以上に未熟で、何の挨拶もせずに飛び出していった自分をこんな形で迎え入れてくれたことへの感謝、育成時代の思い出が次から次へと…号泣

Fマリノスの関係者、ファンサポーターの皆さん本当にありがとうございました。

成長し続ける姿を示すのが自分にとって出来る最高の恩返しでした。最後自分の望む姿を皆さんにお見せできなかったのは心残りで、こんなにも試合に出たいと思ったことはありませんでした。

でも当時から自分らしく諦めずにチャレンジする姿があり、皆さんの想いがあったからこそ永遠の仲間としての絆を感じることが出来ました。

そしてここまで諦めずにやってこれたのはマツくんのお陰でもあります。メッセージの横にはマツくんが吠える弾幕がありました。僕が喋っている間ずっと吠えられてる気がして(汗)。もちろん、繋げてくれた感謝は必ずピッチで表現しますよ。

約束必ず果たします。

 

 

Nao

 

 

コメント