2013 振り返り

こんばんは!

 

今年も残すところあと僅か。一気に年末がやってきちゃって年越し・・・みたいな雰囲気です。

まずは今年も一年間温かいサポートをありがとうございました!

みんなと共に戦うことができて、今年も本当に幸せでした。

振り返りといっても何から話をしていいのか迷ってしまうけど、もどかしいことがほとんどだった日々の中で自分なりにチャレンジを続け積み重ねてこれたと思っています。

ただピッチの上で積み上げてきた経験を吐き出して結果に繋げてこそプロだし、色々考えて自分の中で整理できていたとしても結果という形で表現し続けていけなければ先はない。

理想と現実。経験し、思い描けば描くほど形にならないことの方が多かったし、自分の原点であるサッカーから距離を置こうと考えた時期もあった。大袈裟ではなくね。

こんなことはサッカーを続けてきた人生の中では二回目かな。高校生の時以来。

上手くいかないから辞めます。とかそんな理由ではなくて、今までどんな形であれ乗り越えようとしてきた自分の中から湧き出てくる押さえ切れないパワーがある時期生まれてこなかった。

ある意味今年の自分の置かれている立場で考えたときに必要だと思っていた気持ちの整理であり心の余裕のバランスを取りすぎるあまり、都合のよい解釈の仕方でうまく乗り切ろうとしてしまったというのかな。

やればやるだけもどかしい気持ちになりフラストレーションが溜まる悪循環。それだったら無心で、とも考えてプレーはしていたけど、今振り返れば無関心という言葉の方が当てはまる状態だった。

誰かのせいとももちろん思っていなかったし、愚痴も正直な話言うこともなかったけど、無気力な姿を少しでもスタッフやチームメイトの前で見せてしまったのが今年一番の後悔。

でもそんな状況から自分なりのチャレンジを続ける中で、時間はかかったけど心もからだも徐々にフィットしてくる感覚が嬉しかった。

具体的にきっかけがあった訳ではないと思う。でも監督が常に言葉にしている 「日々100%の力を出し切る」 ことだけを考えてトレーニングでチャレンジしていた。

出し切れることでの心とからだのフィーリング、そこから生まれる自信の中で更なるチャレンジがあって結果に繋がる。そのサイクルが見え始めたところで今年が終わってしまった。シーズンの半分はそのような状態でした。

ちょうどここでの更新から離れてしまった時期ぐらいからかな?すごい分かりやすいね(汗)。

選手としてピッチに立ち続ける限り、どんなことでも過去、現在、未来は繋がり続けると信じてチャレンジしていきたいし、自分を見失わず言い聞かせられるように意地でも繋げていきたい。

今年の経験が来年、そしてその先へと繋がるように・・・

 

29日の広島戦はもちろん悔しかったけど、自分らしい「湧き出てくる想い」の中でチャレンジが出来たので後悔はありませんでした。むしろ清々しい気持ちだった。

まぁ、相変わら想いが強くなればなるほど力んでしまうこともあったけど(汗)。でもその気持ちがあっての俺だと思うからね。

来年はその想いの中でもう少しうまくコントロールできるように頑張ります(笑)。っていくつだよ(汗)。

 

話をしたいことはまだあったはずなんだけど、もうそろそろ年越しだからこの辺りで終わりにします(笑)。

さらなるぶっちゃけトークは来年のファンミで是非っ!! お年玉も用意するので楽しみにしていて下さい♪

 

それでは今年も残り僅かですが、皆さん良いお年を・・・

来年も 石川 直宏 をよろしくお願いします。

 

 

Nao

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Diary |

繋がり

こんばんは!

 

こんなに長い間更新しなかったことなんて今までなかったよね。

ここでの話を楽しみにしてくれていた方に大変申し訳なく思っています。

なぜ今の時間のような、更新する中での自分との向き合いが出来なかったのか。その話を今のタイミングですることはやめます。もちろん来年に行うファンミの中でも話をしたいと思いますが、今シーズンを終えてからの振り返りの中で話をしたいと思うので。

ということでその辺りの話は来年になっちゃうと思います。もちろん天皇杯優勝の報告と共にね!

 

今は明日の試合に向けての準備。

リーグ戦中には感じられなかった気持ち。清々しいっていうのかな。2012年元日に優勝したときのようなフィーリングなんだよね。

今まで何度も話をしてきたように、これまでの積み重ねが形になって現れる瞬間。その瞬間を迎えられるような状態っていうのかな。

それは個人的にもだけど、チームとしてもそのような一体感がある。でも更に言うなら、優勝したときにはなかった良い意味での落ち着きであり余裕が今のチームにはあるように感じる。

この短い期間の中で様々なことが起こった。

それは俺が話をしなくてもみんな分かっているし感じていることだけど、やりきれないことや思わず頭を抱えてしまうこと、受け入れがたいことをみんなで毎日少しずつ積み重ねながら受け入れて自分たちの力に変えてきた。

本人たちは辛く悲しい気持ちももちろんあると思うけど、カップを掲げるためにすべての出来事が必要で必然だったと今は自分に言い聞かせながら。

今は言い聞かせることしかできない。それは優勝してみんなで喜び合うことが出来て初めて納得できること。

すべての出来事が必然だったと何も疑わずに信じることが出来れば、この先また苦しいことや辛いことがあったとしても最後まで自分たちを信じて戦い抜くことが出来る。

今を信じるのは、その先を信じて戦い続けたいから。 自分を納得させて次に進むためにも。

 

だからあと1試合だけじゃ物足りない。 もしかしたら元日のピッチに立って自らカップを掲げたとしてまだまだ物足りないかもしれない。

それだけの欲もあれば、その瞬間に何を感じて何を思うのかにも興味がある。

リーグ戦では感じることが出来なかったモノを感じれるだけ感じて、新たなシーズンに向けたモチベーションにしたい!

 

すべては繋がっている。繋がっていると信じて進むために自ら繋げながら、言い聞かせながら。

みんなと一緒に大好きな国立で戦える喜びを感じ、繋がりを感じて。そしてまたその先へ・・・

 

img001

Nao

 

 

 

 

カテゴリー: Diary |

ファンミーティング2013に申込みについてのお願い

いつも応援ありがとうございます。
ファンミーティングにお申込みの皆様にお願いがございます。
support@football-age.com
上記メールアドレスからのメールを差出人セーフリストにご登録いただくことを推奨いたします。
例年、スパムメールと判断される方が少数ではありますが見受けられます。
迷惑マールと判断されると、当選通知がいかない場合がございます。
お手数ですがご協力いただければ幸いです。

カテゴリー: News |

石川直宏ファンミーティング2013」について

20130114_SOL_Nao_FM 039

■ イベントタイトル 「石川直宏ファンミーティング 2013」
石川直宏本人がファンの皆様のご声援に感謝して開催いたします。お越し頂いたファンの皆さんとのコミュニケーションタイムなど様々なプログラムを用意しております。是非、お申し込みください。
■ 開催日 2014年1月11日(土)
■ 開催時間 13:30~15:30
(受付開始12:45より)
■ 開催会場 青山ベルコモンズ 9F 「クレイドルホール」
〒107-0061東京都港区北青山2-14-6
(東京メトロ 銀座線 外苑前駅下車 徒歩2分)
■ 参加費 5,250円(税込)
■ 募集人数 200名(定員を超えた場合は抽選とさせていただきます)
■ 応募方法 お申し込みは1月6日18:00をもって締め切りました。
■ 抽選結果 当選者の方のみ、申し込みの際、登録されたメールアドレスへ返信させていただきます。
当日は、メールのプリントアウトをご持参下さい。
参加証にかえさせていただきます。
■ 主催 石川 直宏
■ 運営 ㈱ソル・スポーツマネージメント
連絡先:support@football-age.com
カテゴリー: Event |