一生の思い出

こんにちは!

 

まずは 「Jリーグ20周年おめでとうございます♪」

そんな記念すべき試合に国立のピッチに立ち、みんなからの声援を受けてゴールし、勝利出来たことは一生の思い出です!ありがとう!!

ただ、決勝トーナメントに進めなかったのはとても残念でした・・・。

ロッカーに帰ってからそのことを知ったんだけど、目指していたあの決勝の舞台は特別だから。

個人的には2009年は怪我のため決勝のピッチには立てなかったので、あの舞台に立っても一度タイトルを獲得するチャレンジを続けたかった。

ゴール、そして勝利の喜びと共にそんな悔しさの入り混じった試合後のロッカーでした。

 

結果論に聞こえるかもしれないけど「国立」という場所は本当にパワーの漲る場所で、自分にとってのパワースポットだと思っています。

アップからそのようなことを考えていたし、久々のスタメンでの出場でもあったけど変な気負いもなっかたと思います。

 

ピッチに立つ前は様々なことを考えていました。

20年前に観ていたスタンド、席はあの辺りだったかな?なんてことから、自分にとってのプロデビュー戦のこと、そしてFC東京に移籍してきての初ゴールのこと。アテネオリンピックの出場権獲得、ナビスコカップや天皇杯の優勝・・・。

日本サッカー界にとっても様々なドラマが生まれてきた場所だけど、自分にとってもたくさんの思い出が国立にはあります。

スタンドからの風景しか観れなかった自分が今はピッチから夢みていた景色を眺めることができてプレーすることが出来る立場にいるということ。

その景色は何度ピッチに立っても違って見えるけど、自分の原点であり夢みていた憧れの場所であることになんら変わりはないです。

本当に素晴らしい景色であり雰囲気・・・。

そして、「あと何度このピッチに立つことができるのだろう」 といつも試合が終わって考えます。

30才を過ぎてからそのあたりは強く考えるようになりました。

自分の引き際。同年代の選手が引退をして新たなチャレンジをしていく姿を見ることが多くなった。自分で決断する選手もいれば続けたくても続けられない選手もいたと思う。次男、そして今年三男が引退を決めたけど、その苦悩を近くで感じていたから最近は尚更かな。

ピッチから離れると。時にはトレーニングでもそう考えてしまうことが増えた気がするけど、試合のピッチに立つともちろんそんな不安や悩みは全くなくなって勝利のために全力を注ぐことができる。

そんな自分で居続けたいし、勝負にこだわれる自分で居続けたいと強く思う。

 

なんて話が試合から離れちゃったけど・・・。

Jリーグ、FC東京、そして自分にとってもまた新たなチャレンジが始まるし積み重ねていきたい!!!試合に足を運んで一緒に戦い続けてくれるサポーターのみんなにとってもだよね!

そして自分もかつてそうだったように、15日のプレーを観てくれていた子供たちの中から10年後や20年後に 「夢が目標に変わった日でした」 なんて話が聞けたら最高です。

 

さあ今日はまた新たなスタート!

どんな形であれ自分らしくチームに貢献して勝利を目指そう☆

 

 

Nao

 

 

カテゴリー: Diary |

夢が目標に変わった「あの日」

こんばんは!

 

今日は暑い一日だったね。半袖ハーフパンツで一日過ごしたのっていつ以来だろう・・・。

この時期は紫外線も強いし女性は特にお肌のケアが大変!? しっかり日焼け止めを塗ってから練習する選手も増えてるけど、俺は全くしてないなぁ。ヤバイ!?

乾燥肌なので人一倍保湿クリームを塗ってると思うんだけど、それで逆に日焼けしやすくなってる気がして。ってどんな心配してるんだよ(汗)。

お年頃なので(笑)対策考えます・・・。

でも練習していて本当に気持ちが良い季節! 気温は高いけど湿度はなくてカラっとしているし、グラウンドのコンディションも良くて芝生も青々しています♪

 

そんな中で先週の湘南戦はあいにくの雨でした。

芝生は最高でコンディション的には全く問題ありませんでした。

刻一刻と変化していく試合展開の中で、自分が入ったときのプレーをイメージしながらアップを続けていました。

自分の中では非常に良い状態(心理的に)でプレー出来ていたけど、求められていた結果に繋げることが出来なかったので、それは良い状態ではなかったとも言えるのかな・・・。

 

悔しい敗戦。サッカーの本質、相手のスキを突いてチャンスや結果に繋げる姿勢は間違いなく相手が上でした。ちょっとしたことでアクションがリアクションに変わる。それは守備でも攻撃でも同じ。その駆け引きは細かい部分で決まるし、結果となって大きな差になる。

学び続けなければいけないけど、学び続ける中で成長しないと。自分たちの目指す先へ近づかないし掴み取れない。

慌てて疎かにする必要はないけど、積み重ねて成長していく速度をもっと上げなければいけないし上げられるはず。

悔しさと共にそう感じた湘南戦後でした。

 

連戦になるけど、明日はナビスコ。俺たちにとって明日が予選リーグラストになります。

他力ではあるけど、勝ち点3を積み上げて望みを繋げよう!

 

特別な日だということは考えないけど、特別な日にしたいという想いはある。

自分なりにそれだけの想いを持って自分を信じてここまでやってきた訳だから。

自分の原点は20年前の明日であり、夢が目標に変わった、変えてくれたのが国立のあの日。

スタンドから観ていた俺は 「ピッチの中からこの風景を観てプレーしたい!」 と夢のような現実の中で誓ったし、 「どんな時でも強い気持ちでチャレンジし続ければ願いは叶う」 と自分に言い聞かせてここまできた。

自分を信じるためにも、ある意味やりきって納得させるためにも。

今まで出会えた人たちや環境・・・すべてといっていいぐらいの部分に対して偶然ではなく必然を感じることが出来たし、今の自分にとって必要不可欠だったと思える。

感謝、そして自分を信じることのできる姿でいること。

 

改めてだけど、そんな自分らしい姿にさせてくれる家族、友人、チームメイト、そしてファンサポーターの皆さんに感謝したいと思います。

Jリーグ誕生から成長を重ね合わせてきた自分。サッカーを愛する皆さん、そしてJリーグと共にまた明日から成長していきたいです!

 

 

Nao

カテゴリー: Diary |

求めるモノ

こんばんは!

 

テスト的な意味で小平から更新したけど、恒例の?前日更新はかなり久々(汗)。

最近はTwitterやアメブロでの更新が中心になっているけど、ここでの話も楽しみにしてくれている方がいると思っているので今までのようにサッカーの話をより深く、ときにマニアックに?していきたいと思います。

 

近況でいえば前節の鳥栖戦かな。

苦しい試合にしてしまった部分はあるけど、楽な試合は1つもないから。

より意識した前後半の試合への入りも非常に良かったと思うし、良い時間帯でゴールを奪えたと思います。

ゴールの形も良かった。相手の隙をついてチャンスをつくることは更に上を目指す中で必要不可欠。自分たちのスタイルを貫く中で相手の隙を見逃さずに結果に繋げ続けていきたい。

ここ最近はリードしている状況の中でピッチに入ることが多いので、自分の特長を惜しみなく発揮し続けるというよりはバランスを保ちながら一瞬の隙を突くイメージでプレーしています。

相手が疲れている状況でもあるので、数多く積極的にチャレンジすればするほど・・・というような気持ちも正直あるけど、相手同様うちも消耗しているし、何よりリードしている状況でもあるのでリスクを最小限にしながらになる。

勝利に貢献することが大前提。そういったプレーに徹することで試合を良い形で締めることができるし次に繋がる。

 

ある意味今の自分にとっての状況は今までFC東京でプレーしてきて初めてのこと。J2で戦っていた時よりも更に時間でいえば短い中での仕事になっている。

改めて途中出場の難しさや重要性を感じています。

その時々で状況が違うので同じようにとは考えていないけど、今まで一緒にプレーしてきた中で途中出場で入る選手をイメージしたり重ね合わせたりしています。

ただ、どんなに短い時間であろうと自分らしさは失わないでいたいし、相手にとって脅威であり味方にとって心強くて信頼される選手で居続けたいのは変わらない。

そのバランスはある意味非常に難しいです。

シンプルに考えてプレーも出来るけど、それでは自分じゃなくてもいいと思う。

当たり前のことを当たり前にしてチームに安心感を与えながらも躍動して勝利へ加速させる。

それが今の立場で目指す形。

 

それが出来たとしても納得することなんてない。ある意味納得していたら勝利はあっても次はない。選手としても終わりだと思う。

それだけの想いの中でチャレンジし続けたい。

その中で生まれる勝利や新たな手応えや発見があると本当に嬉しいから。

悔しくなったり苦しくなったりするのは理想、目指すべきところがあるから。それすら薄れてしまう自分が怖いからこそ持ち続けられる自分でいたい。

 

正直考えるべき時でないと思っていても考えてしまう自分がいる。年齢や立場的にも昔に比べて考える時間が増えた(汗)。って勝手に思っちゃってるかな。そんなの関係ないのにね。

でも自分にとっての支えとなる部分があるからこその考えだと思って今は我武者羅にやりたい。

 

そんな時のほうがナオらしい、チャンスなんだということは明日戦う徹さんからは散々聞いたなぁ・・・。冷静に話を聞ける状況ではなかったことなんて多々あった。

明日の俺の姿は徹さんにどう映るんだろう。俺はどんな想いで戦うんだろう。

 

もちろん全力で戦うし勝利を掴み取りにいきます!連勝を続けて笑顔でみんなと喜びを分かち合いたい!

ピッチに立てば今まで話をしてきた年齢や立場、今の状況なんて全く関係ない。

その瞬間瞬間が今の自分であり今のFC東京というチームを表す中で、戦い終えたときに結果となって現れる。

 

ゴールデンウィーク最後の試合。すべての面でまた新たな積み重ねが出来る試合、そして結果を!もちろん笑顔とともに・・・

 

 

Nao

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: Diary |