様々な景色

こんばんは!

 

中2日のゲーム、久しぶりだな~。

そんな中でもコンディションはさらに良くなっていると思います! 特に勝利した後はなお更ね♪

さっそくだけど、聖地「国立」での横浜FC戦を振り返りましょう・・・。

 

今シーズンの中でも、特にコンディション良く試合に臨めたと思います。

1週間の準備の中で、どこかしら別メニューだったりコントロールしなければいけない状態があったりしていたけど、やっと自分の納得する中で準備できたのは良かった。

それが当たり前なんだろうけど、今シーズンはなかなかそうはいかなかったから。

自信を持ってピッチに立つことが出来ました。

 

ベンチから見ていて、前半は特に思ったよりも相手が前から来なかったし、しっかりとブロックを組むサッカーにリズムがなかなか出来ないでいたと感じました。

そういった展開の中で、セットプレーから早い時間帯に先制点を奪うことが出来たのは大きかったと思います。

相手も引いているだけじゃなく、点を獲るためには前に出て行かないといけなくなるからね。

そうなるとスペースも次第に生まれてくるし、うまくサイドを使った展開から自分たちでもスペースをうまく作ったり使いながらリズムをつくれていたと思います。

もし自分が最初から出ていたら、どんなチャレンジをすべきなんだろう?なんてことはいつも考えているけど、なかなか難しい部分だね。

経験してみないと分からない部分ではあるけど、最近は特に自分がそういう展開の時に出来ることやフィニッシュまでの形をイメージしながらベンチに座っていることが多いです。

 

後半は、前半からのポゼッションや先制点が奪えたことでのリズムで前半に比べてスペースも生まれるようになってきた。

相手の動きを待ってという「受け身」では決してなくて、前半からのポゼションがボディーブローのように効いていたと思うし、攻守の切り替えの早さや、ボールを出したあとの動き出しの速さで自分たち主動となった中で優位な展開をつくれていたと思います。

だから自分にとって交代のタイミングはまさに「自分らしさ」が活かせるタイミングだと思ってピッチに立ちました。

裏への飛び出しからのアシストという一連の流れも、前半からのうちの戦い方があってこそだと思うし、チーム全体として同じイメージを描けた結果だと思います。

陽平のパスも絶妙だったし、羽生先輩のゴールも言うことなしっ!

チームの中で、「活かし活かされ合う関係」が生まれたときは必ずチャンスになる。そのタイミングを自分たちで生み出せたときっていうのは最高の瞬間なんだよね。

あのときがまさにその「瞬間」だったんじゃないかな?

いい守備からの切り替え、飛び出し、ゴール前でのサポート・・・。みんながいい距離感だったと思います。

 

3点目も素晴らしかったね!

3人目の動き出し。イメージの共有。落ち着いたシュート・・・。

2点差っていうのは危険なスコアだったから、2点目のあとにすぐ3点目を狙いに行けた中でゴールを奪えたのは大きかった!

個人的にもまだまだ反省すべきプレーや判断があったけど、自分の良い感覚の中でランニングできたりボールを触ることができたのでまた1つ積み重ねることが出来たと思います。

 

カズさんと同じピッチに僅差で立つことが出来なかったのは残念でしたが、ベンチから見ていても大きな刺激を受けました。 そして試合終わったあとにふと我に返るとなんだかやっぱり不思議な気も・・・。

横浜FCとはもう1試合あるし、小さい頃から通っていた「三ツ沢」での試合。

それまでさらにチームの状態も自分自身の感覚も良くしてピッチに立ちたいと思います。

 

アメブロでも話をしたけど西日に照らされた芝、スタンドの青赤の彩りを自分が相手に仕掛けていくときに強く感じました。

集中しているけど、ある意味そういったことが感じられる時っていうのは「入りすぎてなくて」良いバランスの時でもあるんだよね。

自分の居場所というか、自分らしさが出せるっ!というか・・・。

あの瞬間を感じるのがたまらない。

ゴールする、アシストする。その感覚とはまた違った感覚っていうのかな。

 

前にも話をしたことがあるかもしれないけど、自分がプロとしてピッチに初めて立ったのは「国立」でした。

スタンドから何度も夢みて当時の選手に自分の夢を想い重ね合わせてイメージしていたんだけど、スタンドから見える景色の中だけだったんだよね。

ピッチに立ったことがなかったから当たり前だけど、ピッチから見える風景を知らなかった。

寝ているときの夢もまたスタンドから見えるいつもの風景。

だから初めて国立のピッチに立ったデビュー戦。

「こういう風景だったんだな」

と緊張の前に感動したのを今でもはっきり覚えています。

この風景が見たくて、自分がスタンドから見ていた選手たちが見ている風景をみるのが夢であり目標でした。

スタジアムによって見える景色も感じ方も違うけど、この「国立」から見える景色はちょっと特別。

いつまでも見ていたいし、この間の試合は試合終了のホイッスルが鳴ったときは少し残念にさえ思いました。

「あの辺りで開幕戦観てたなー」 なんてことをピッチの上から思っていたりね。

 

国立はいつも温かく迎え入れてくれる雰囲気があります。

スタンドからの想いだけではなく、ピッチの上でも様々な想いにさせてくれました。

いつまでのこうやってピッチに帰ってきたいし、新たな勝利や得点、歴史を自分自身まだまだつくっていきたい。

あと何度このピッチでそういう想いになれるのかと考えると寂しい気持ちにもなるけど、これから何度でも想えるように、そして一緒に勝利を分かち合えるように頑張っていきたいと思います!

そしてサポーターみんなが迎えてくれた「笑顔」、最高でした♪

 

明日も、様々な場所から見える景色を「自分の生きる場所」として感じられるような心とからだのバランスで臨みたいと思います。

そしてやっぱり 「笑顔」 で会いましょう!

 

 

 

 

なおひろ

 

カテゴリー: Diary |

重なる姿・・・

こんばんは!

 

ガッツリ更新!?のはずでしたが、眠気MAXなので・・・。

明日に備えます。

 

前節の出場はなかったけど、次の日の練習ゲームで良いイメージの中でプレー&得点が出来ました。

ゴールは久々の感覚かな。

ゴールまでの感覚。突破からシュートまでが一連の流れの中で力みのない形でした。

全体を通してみればまだまだだけど。

トレーニングではもちろんだけど、試合の中でそういった感覚を積み重ねないことには形としても「感覚」としても残らない。

その「感覚」をあらためて自分のモノにするためにもやっぱり「本質」の部分が当たり前のように出来てこそなんだろうね。

 

今週はすべてのメニューに参加できたし、久々に「走る」力強さやスムーズさが出てきたと思う。

まだまだ良くなる。良くなってもらわなきゃ困るけど(汗)。

「走り」は俺にとっての調子のバロメーターだから。

明日こそNEWスパイクで(笑)!そして納得のいくランニングの中からチャンスを引き出し、ボールとの良い感触からの形、そして勝利を分かち合いたいと思います。

 

「感覚」、「感触」からの「形」であり「自信」。

ん、伝えづらい(汗)。

とにかくピッチで気持ちよく表現したいと思います。

 

ちょっとミーハーっぽくて嫌だけど、国立で一緒のピッチに立てたら何を想うんだろう・・・。

もちろんピッチに立った瞬間からはスイッチONだろうけど。

 

スタンドで観ていた1993年、国立でのJリーグ開幕戦を思い出します。

当時小学校6年生か・・・。

 

明日の試合は忘れられない試合になりそうです。

もちろんさらに忘れられない試合にするためにも、自分のやるべきことははっきりしています。

 

自分にとってもチームにとっても。

そして18年前のように、スタンドから自分の夢を思い描きながら観戦する子供たちのためにもね。

 

 

それでは明日、国立で・・・。

 

 

 

 

なおひろ

カテゴリー: Diary |

根っこの部分

こんばんは!

 

愛媛なう(笑)。今は雨止んでるみたいだけど、空港に着陸する少し前から激しく雨が降り始めて、飛行機嫌いの「ヤザ」もビクビクしながら機内で過ごしていました(汗)。

隣がルーコンだったので、「2006年ニクラベタラゼンゼンダイジョウブネ!」なんて話してたけど・・・。

福岡での試合からの連戦だったので松本へ直に移動したんだけど、その時は「雷」が飛行機に落ちたからね・・・。ルーコンはその時と比べて言ったんだけど、あれはヤバかった(汗)。

プロペラ機だったし。

ヤザはそうとうビビリ(笑)。周りからも冷やかされてたよ!

 

とまぁ、そんな中で無事愛媛に到着。

台風の影響で明日も雨みたいだね・・・。四国だけではなく、前回の台風で被害の大きかった和歌山や奈良も大雨で二次災害の危険も出てきているのが心配です。

 

さて、今日はいつもに比べて眠気に襲われているので少し短めになってしまうと思いますが、前節の京都戦の振り返りから・・・。

 

久々のホーム味スタでの試合。 そして久々の快勝と勝ち点3を積み上げることが出来ました!

立ち上がりを相手のリズムでやらせてしまい先制点を取られた中だったけど、慌てずに同点に出来たことで少しずつうちのリズムでプレー出来る時間も増えてきた。

あの「ケンタ」のスーパーゴールで流れが完全に変わったし、選手1人1人の動き出しのタイミングが早くなり質も高まった。ああなったら相手は完全に受け身になるよね。うちのやりたかったサッカーを続ける中で得点を重ねることが出来た。

セットプレーでの追加点もその時間帯も素晴らしかったと思う。ルーカスの2点目もね!

 

4-1という状況。その中で自分が入ったら何をすべきで何を思うのか。ルーカスの2点目が入ったあたりからアップ中ずっとイメージしていた。

時間はあったものの、勝敗はほぼ決まっている状況でもあったのでイメージしていたことは実はあまりポジティブなものではなかった・・・。

 

でも監督に呼ばれてピッチに立つちょっと前ぐらいに気持ちとイメージの整理はついてた。

前回の日記でも話をしたけど、俺としてもチームとしてもまだまだ何も成し遂げていないこと。そして自分自身の意地でありチームとしてのプライドを持ってプレーしようと。

途中出場での課題である「試合への入り」はある意味力む理由なんてどこにも見当たらないから、もちろんスムーズに入っていけた。

このゲームでチームの流れの良い要因を考えたときに、みんなが攻守共にアグレッシブにチャレンジし続けているプレーが出来ているからこそだと感じていたし、その「本質」をブラさずにゴールを狙い続けること。

あとはたくさんのサポーターの前でワクワクするプレーをし続けること。それは自分にもワクワクするし、良いイメージでピッチを後に出来る。

 

与えられた時間は20分。今話をしたことをとにかく表現しようと思っていました。

あっという間の20分だったようにも思うし、逆にイメージしたことをチャレンジし続けることが出来たので長い20分でもあった。 なんだか不思議。

交代で呼ばれるまで、珍しくネガティブだったから。

 

なんでスイッチが切り替わったか。

やっぱり本質の部分であったり、自分の根っこの部分なんだろうな。 「意地」っていう言葉は一番先に思い浮かんだんだよね。

その「意地」をみんなに見てもらいたいっていうのかな。見せたい?魅せたい? で一緒ににワクワクしたい気持ち。

正直色んな部分が重なって「自分に期待出来ていない」部分はあったと思う。

自分の強みが積み重ねていけないと自分を信じられなくなってくる。

強み=「自分らしさ」かな。 今より若いときには感じることのなかったこと。

そんな自分にその時その時で様々なアプローチはあると思うけど、どんな時でも根っこの部分は変えたくないし変えられない。

 

今年はそういう想いの中でピッチに立つことが正直ほとんどだけど、試行錯誤の中で突き抜けるときが必ずくると思っています。

だからこそ自分らしく居続けたいし、チームと共に結果を積み上げ続けてみんなでJ1に復帰する使命を全うしたい。

 

なんだかまた言いたいこと一気に言ったからまとまりがなくなっちゃった。どこからこうなったんだ!?

アシストのこととかまだ話したかったけど、眠気MAXなんで(汗)。

「サンキュー坂田っ!」 ってことで(笑)。

 

大勝の後、そして今年は特に「オレンジ色」のチームに苦戦しているので・・・。

そんな流れも自分たちで変えてまた1つずつ積み重ねていこう!

 

それではまた。おやすみなさいZzz・・・

 

 

 

 

なおひろ

カテゴリー: Diary |

久々の味スタで・・・

こんばんは!

 

さて、今日は何の話からしよう(笑)。

自宅にいるので今いち思い浮かばない(言い訳?)。

ってことでさっそくいっちゃいましょう。

 

前節の栃木戦。

前回の戦いの反省を活かして、特に試合の入りも良かったと思う。繋ぐだけではなくカウンターだったり少し長めのボールを意識していたり。

先制点を獲ることでまたうちのリズムで試合を進めていくことが出来るんだけど・・・。

点が獲れていないのは今に始まったことではないけど、自分たちの狙いの中からもっと先制点を獲る姿勢やチャレンジを増やしていかなければいけない。

 

全体的に最後のところでの「大胆さ」が自分を含め足りない。相手にとって「怖さ」が生まれないとプレッシャーも結果も生まれない。

シンプルに言ってしまえばこういった部分。

1度のチャレンジでゴールを奪えることもあるけど、相手が参るぐらい何度もチャレンジし続けないとゴールは奪えない。だから何度でも仕掛け続けないと。

もちろんバランスもあるし、特に明日の相手である京都は前線にフレッシュな選手が多くいて仕掛けてくる機会も多いのでそのあたりのリスクマネージメントをしながらになると思うけど。

 

そして自分たちの中から焦りを生み出さないこと。

栃木との試合でも最後の最後までチャンスをつくり出せていたと思うし、諦めずにゴールを狙い続けること。

途中出場でチームのリズムやチャンスを多くつくりだせているとは決して言えないけど、今週のトレーニングでまた少しずつ自分のリズムや感覚が良くなっているのを感じているので、試合での「結果」を生み出す中でまた新たな積み上げを!

「頭でっかち」になり過ぎず、その状況にからだが少しずつ無意識に反応してきているっていうのかな。

その感覚でプレーできている機会や時間が少しずつ長くなってきている。

その感覚の中でさらに「ゴールを奪う感覚」を。「ゴールに流し込む感覚」の方がさらに理想に近いけど。

 

無意識で戦い続けるために、意識してピッチに入っていきたい。

 

そのためにもまずは「本質」の部分でブレずに相手に自由にやらせないこと。

整理は出来ています。

そしてそれらのトータルをみんなと戦う中でお互いに生み出し、結果に繋げピッチをあとにしてサポーターのみんなと会いたい。

 

 

残り15戦。

俺はまだ何もしてない。

チームも首位にいるけどまだ何も成し遂げていない。

受けて立つ立場でもなければ圧倒的な相手を往なす立場でもない。

まずは「本質」で相手を上回り、何度でもチャレンジし続け、自分たちを最後まで信じて戦い続けること!

それが出来れば絶対に負けない。

それが出来なければ積み上げはない。

 

チャレンジするプライドもあれば、あの悔しさから生まれたFC東京としての、俺としてのプライドもある。

明日そのプライドをピッチの上で表現できるのはスタメン11人と交代して入る3人。

試合に出場できないベンチの選手、メンバー外の選手、怪我人・・・。

自分のプライド、みんなのプライドを持って最後まで戦い続けよう!

そして最後まで一緒に戦い続けるサポーターのみんんなと久々の勝利を味スタで分かち合うために・・・。

 

 

 

 

なおひろ

 

カテゴリー: Diary |

本質

こんばんは!

 

台風12号が日本列島を縦断中ですが、被害などは大丈夫でしょうか!?

今日の練習中も豪雨になったと思ったら晴れてきたり風が強まったり・・・。ここ熊谷も外は風がビュービュー吹いてます。

明日の天気はどうなんだろう??心配だけど、アメブロでの更新の通り今日はみんなでピッチの状態を確認してきたけど、素晴らしい状態だったのでプレーする上では問題ないと思います。

なんだか南の海上には「台風の卵」である熱帯低気圧が!?

今後も台風の影響が出てくるかもしれません。

 

さて、さっそくだけど前節富山戦の振り返りから・・・

 

悔しい。その一言。

試合終了後の相手選手の姿やスタジアムの雰囲気でさらに悔しい気持ちになりました。

それだけ相手はこの1戦に想いを持って臨んできたのを感じたし、狙いを持って戦ってきた。

前半ベンチにいるときから感じていたし、後半からピッチに入ってプレーする中でフィニッシュでの「力み」に繋がってしまったかもしれない。

流れを変えて結果に繋げることができなかった悔しさ。

個人的には良い入りが出来ていたと思うし、攻撃も工夫しながらチャレンジ出来た時間帯もあったと思うけど、あの状況ではやっぱり「追いつくための結果」が欲しかった。

試合後にうちにいたヨンドクが話していたことが印象的だったしすべてじゃないかと。

あえてここではその内容には触れないけど、うちがやられる典型的な状態を変えることが出来なかったからだと思っています。正直そう思われても仕方ないけど、面と向かって言われてさらに悔しくなったね。

でもそういう部分って意識の中で修正できる部分だし、明日の試合ではそう感じながら相手にプレーさせないようなチャレンジをチーム全体に意識させたいと思います。もちろん俺も含めてね。

 

サッカーっていつも監督が言うんだけど「うらはら」なんだよね。字がよく分からないけど(汗)。

見ていれば分かる部分でもあるかもしれないし、プレーしている中でももちろん感じる部分なんだけど、五分のボールをマイボールにするためであったり全体の流れを引き寄せるためでもあったり。もちろん最後のところでの結果にも言えると思う。

それは戦術、戦い方うんぬんじゃない部分。

それらが当たり前のように出来ていないと戦術的な部分はうまく乗っかってこない。頭でっかちって言ったらいいのかな?

良いときは何度も話をしてきたようにそれが出来ちゃうんだけど、少し迷いだったりナーバスになってくると大事な部分が疎かになってくる。それもチームスポーツの場合は1人でもそうなってくると周りに伝染して悪循環に。

誰が悪かったとかそういうことではなくて、苦しいときこそ基本的な部分に立ち帰って意識して動いてみる。そういった姿勢は同じように良い方向に向きを変えさせてくれるだろうし、良い意味で伝染させていけば自然と相手へのプレッシャーも早くなったり、出だしが早くなってパスコースを多くつくれるようになったり、パスコースが増えればボールを持つ選手の余裕につながったり・・・。 良い流れを生み出し始めることができる。

 

まぁ言葉にするのは簡単なんだけど、今自分たちに必要な部分ってこういったことだと。

苦しいときになったらいつも話をしているように、「自分を活かす」ためにまずはみんなを助けるような動きを意識して動き続けること。それが出来ると自然と自分も良いリズムになってたりする訳だから。

それらを常に出来るチームにならないと。みんながね。自分たちの「強み」に。

 

富山戦での相手選手の姿を見て悔しい気持ちになったのはそういった部分で明らかに負けていたから。

まずはその部分で相手を上回ること!

そして自分たちの「幹」でもあるパス回しの中でゴールを狙うための「スイッチ」を入れ続ける。

あとは落ち着いて「ゴール」に流し込む。

 

自分たちの強みをお互いに活かしあいながら結果積み重ねていくために見失ってはいけないものを前節相手チームには教えられたと思います。

悔しい敗戦の中からでもしっかりと自分たちを見失わずに、貫きながらも足りなくなればみんなで補いながら強くしなやかな「幹」を作り続ける。個性を活かすことで自分が活かされる関係の中で強くなり続けること。

 

そして明日は「意地」!

同じ相手に2度も負けられない。

 

「勝て勝て勝て勝てホームやぞ」

あっ、これ万博で見る弾幕だった(汗)。

 

熊谷だけど「ホーム」です! 個人的にもね!!

いつもよりちょっぴり遠い!?ホームだけど、熱いサポートよろしくお願いします!

 

去年はサンタ。 今年は??

とにかく結果と笑顔を届けられるように・・・

 

 

 

 

なおひろ

カテゴリー: Diary |