永遠の憧れ

こんばんは!

 

長良川に来ています。今週から約1ヶ月ぶりに全体練習に合流し、順調にトレーニングを積み重ねてこれて手ごたえを少しずつ感じてきた中で久々の試合メンバー入りになりました。

怪我の具合は前回の日記でも話をした通りで、練習に復帰してからは特に不安に感じることなくチャレンジしてこれたと思います。

もちろんいきなり100%の力ですべてをやろうとは思っていません。そう思っていても難しいと思うけど・・・。

ただ、自分の感覚の中ではその中でチームの勝利に貢献できるという感覚も日に日に強く感じているし、試合も残り約半分というところで再スタートだという気持ちでフレッシュに臨めそうです。

 

常に自分に求められていることは理解しているし、自身を持ってチャレンジできるという状態になってから復帰したかったので。

その時そのとき感じる自分の感覚の中で出来るプレー。出来ないプレーではなく出来るプレー。

すべてを理想の中で出来れば一番良いのだろうけど、そんな状態よりも逆により研ぎ澄まされた状態っていうのは今のような状態の方が近づきやすい。

その中でまた積み重ねてプレーし続けたいです!

 

 

マツくんの話だけど・・・

どんな話からしていいのか。一緒にプレーした機会も期間も短かったけど、多くの影響を受けました。

だから未だに信じられないし信じたくないよ。

 

 

エルゴラの写真

またこんな笑顔で目の前に現れてくれるんじゃないかって・・・

 

 

 

本当に兄弟でお世話になりました。

亡くなる前日に弟と一緒に会ってきたけど、寝ているみたいで、スッと起き上がるんじゃないかと。

からだをさすって声をかけたけど。 温かかった感覚が忘れられません・・・。

 

マツくんの魂と一緒にだなんてことは言いたくても言えない。デカ過ぎるし永遠の憧れだから。

マリノスのジュニアユースの頃からの憧れだったし、ずっと背中を見て育った。一緒にプレーしたり話をしたり食事をしたりするのが不思議だったくらい。

そんな存在であっても飾らずどんなときでも自分に正直な気持ちで接してくれた。

 

「だりぃな」 なんて言いながらも常に全力で駆け抜けてきたマツくんだけど、きっと少し休んでまた天国でボールを蹴っていると思います。俺たちを見守ってくれながら。

 

これからもずっと憧れである存在は変わりません。

永遠の憧れです・・・。

 

 

 

 

なおひろ

コメント