久々の味スタナイター

こんばんは!

 

いやあ、連日の猛暑・・・。夏の大好きな俺だけど、いきなり夏になってしまうのも困るね(汗)。

明日はだいぶ落ち着くみたいだけど、逆に温度差があるとまた大変。栄養と睡眠しっかりとって明日に臨みます。水分もこまめにたっぷりとね!

 

ということでいつも通りだけど、前節徳島戦の振り返りを。

久々の味スタ!個人的に味スタのナイターってなんでか好きなんだよね。

日が暮れるぐらいから暗くなるあの感じ・・・。

ナイターって夏の試合が特に多いでしょ?夏だと独特の生温くてじっとりする空気と芝の香りが特に「戦う場」であることを強く感じさせてくれるというか。

戦闘モードになるっていうのかな?説明しづらいけど、そんな独特の雰囲気がある。

徳島戦はそこまで暑くなかったけど、やっぱりあの「ピッチ」に立つと、「帰ってきたな~」って気持ちになった。

味スタでの試合は去年のホーム最終戦以来かな。

サポーターみんなの声援を受けての出場はとても気持ちが良かったです♪

 

徳島戦前日に話をしていたように、失点をしないように戦いながら追加点を奪うためのスイッチがあの交代にはあった。俺もそのためにシンプルだけど、様々のイメージをしてピッチに入りました。

自分が思っていた以上にスペースがあったし、そこでタイミングよく受けて追加点を奪うトライを外でも中でもしようと。

ゴールを獲るためのイメージは復帰直後より鮮明になってきている。「ここで打てば入る」という場所もはっきりしているし、その場所でシュートを打つためにボールを受けるタイミングもね。

復帰してからシュートを打っていないので、なんでそんなことが言えるのかと突っ込まれそうだけど(汗)。

目で見る視野、そこから生まれるイメージの感覚がはっきりしてきてるっていうのかな。

自分にとって「シュートを打てていないこと」よりも、「シュートまでのイメージができない、乏しいこと」の方が実は怖かったりする。

もちろん、シュートを打たなきゃ入らないし、イメージだけでゴールを奪えることなんてないんだけど(汗)。

ゴールというのはその感覚を一連の流れで、最後を流し込むっていうのかな。意識の中で生み出すのではなく、「からだが勝手に動く感覚」。

そのためにトレーニングしているし、チームメイトと引き出しあうイメージを共有する。

その形を試合の中で表現する。

もちろん綺麗なイメージ通りのゴールであろうが、泥臭いゴールであろうが得点は得点だしその形にこだわりはないけど、どんなゴールであれ研ぎ澄ました感覚であればあるほど力みもないしチャンスを引き寄せるものだと俺は思っている。

 

今チームがさらに勝ち続けるために、積み上げ続けていくために「追加点」の重要性は試合ごとに増している。

自分の求められていることもそういった意味では増しているし期待されていると思う。

だからこそやりがいがあるよね!ある意味それが今まで出来ていなかった分試合が終わるまで苦しい状況を踏ん張りつづけなきゃいけなかった訳だしね。

 

ただ、そういった中でチームとして非常に成長を感じられたのが「追加点を獲りにいく中でも全体のバランスが崩れなかったこと」。

プレーしていて強く感じました。だからよりゴールも目指せる。

 

俺もチームもまだまだ良くなるし、積み上げていける。

その積み上げの過程は「小平」でやってきたし、これからもそう。

ただ、試合での積み上げは試合でしかできない。

積み上げてきた自信を試合の中で確信に変えて確かなものにしていくこと。し続けること。

 

続けることって難しい。どんな状況であろうがブレずに続けること。 ユウトも最近のインタビューで言ってたね! チームメイトのエトーやサネッティはどんな時でも「決してブレない」って。

それが強さの根本なんだろうね。

俺らにも強くなるための、ブレずに戦い続けるための根本がある。言葉にしなくたって理解し合えるぐらいのね。

 

明日もみんなで最後まで戦い続けて、笑顔で東京帰りましょう!!

ロスタイム?試合終了してから?ではなく、もっと早い時間帯から「眠らない街」を安心して歌ってもらえるようにね(笑)。

 

それではまた・・・

 

 

 

なおひろ

 

コメント