すべてを力に

こんばんは!

 

今年も熱いサポート、声援、どんな時でも一緒に戦ってくれてありがとうございました!

言葉で伝えきるのは難しいことだけど、いつものようにシーズン中の想いはすべてここで話をしてきたので今改めて振り返ることはしません。

むしろ言葉にしなくても小平やスタジアムで顔を合わせてきた方々はもちろん、メールでそれぞれの想いをくれた方々、一緒に戦ってきてくれた方々とは言いたいことも気持ちも共有してこれたと思っています。

 

今年チームが掲げた「心をひとつに」という目標は誰もが優勝争いをする中で達成するために必要なことだと感じていたと思います。

優勝争いどころか、降格争いの中でその部分を強く感じたこと。降格という現実をなかなか受け入れられないでいる部分は正直あったけど、同時に最後まで「心をひとつに」戦う喜びを強く感じられた時間でもありました。

 

苦しみぬいた中で生まれた新たな想いはこれからの自分にとって、サポーターにとって、FC東京にとって必要不可欠な部分だと思っています。

今は自分たちに言い聞かせながらでもいい。そう思わなきゃ前に進めないくらい悔しい経験だということも分かってる。だからこそ来年のシーズンが終わったときに、自分がこの先のサッカー人生を振り返ったときに 「あの経験が必要不可欠だった」と思えるようなチャレンジをし続けたい!

 

「起こる事全て善き事」

俺はいつでもそう思ってサッカーをしてきたし、そう思えるようになったことが自分の支えになっている。

でも全てを受け入れる中での葛藤もある。

「こんなに素直に受け入れることがいいことなのか」と。

でもそうでもしなきゃ前に進めないことだってあるし、そんな葛藤が新たな自分をつくることを知っている。

想いが強ければ強いほど、苦しむことも多くなる。

苦しむ中でしか生み出せない力もまた新たな自分をつくることも知っている。

 

だから俺はこれからが楽しみなんです。

どんな自分が新たに生まれるか。FC東京がどんなチームになっていくのか。

そんな姿をサポーターのみんなは期待してると思うし、一緒に戦う喜びを感じ続けてくれるのだと。

 

29日は最後の意地を形にできませんでした。

まだまだサッカーがしたかったし、最後の最後まで共に戦いたかったけど・・・。

国立で感じた悔しさ、そして形にできなかった「意地」を来年積み重ねていく中でのベースにして開幕を迎えたいと思います。

 

 

これから実家に帰って家族や友達と年越しです。

サポーターのみんなと同様、家族や友達にも支えてもらってきたからね。感謝の気持ちと共に新たな力を蓄えてこようと思います。

2010年残りわずかだけど、良いお年を・・・。

そして来年もよろしくお願いします!!

 

 

 

なおひろ

 

 

 

 

コメント