まっすぐに平常心

こんばんは!

今日は大阪からです♪ いつものようにホテルでのんびりしてます。

なんだかまた寒くなっちゃったね・・・。 前回の更新でのタイトル
「ムイト フリュー」はポルトガル語で「とても寒い」という意味。
スペルは分からなかったからカタカナにしちゃったけど(笑)。

ポルトガル語といえばうちの「リカ」は積極的に日本語を覚えようとしています。普段は英語でのやりとり。まあ俺はなんちゃってなんだけど(汗)。
「ヨングン」なんていつの間にかけっこー日本語で話してるよ。権ちゃんちゃんが先生になってるかな? 2人とも若いのに頼もしい!

でも俺が謎なのはリカとヨングンが何語で会話しているかってこと。ヨングンは英語があまり得意じゃないみたいだから。お互い日本語かな〜??
今度聞いてみよう!

オフィシャルでも発表になったので少し「書籍」の話を・・・

「石川 直宏 まっすぐに平常心」 馬場 康平

DVDと同じく5月5日の仙台戦、味スタで先行販売になります。 全国の書店では5月7日から販売開始になります。

俺の素の姿を馬場ちゃんなりに素直に感じたありのままを表現してくれたと思います。

ここで「馬場ちゃん」と書かせてもらうけど、プロフィールにもある通り同じ81年生まれの28歳。

本の内容は??読んでからのお楽しみですが(笑)、去年の年末?11月?12月? 俺が覚えてない(笑)。 この話を進める中で俺が直接彼にお願いをしました。

色んな理由はあります。もどかしい日々を過ごしていた時期の俺を知っていたこと、同じ年であることもそう。

でも一番の理由は、この本の話を頂く1日か2日前にいつものように練習後に馬場ちゃんと話をしていたんだけど、ボソっと俺に話をしたんだよね。

いつもは俺が感じているプレーのこと、少しの?愚痴(汗)、たま〜に恋愛について(笑)を俺がまあ一方的に話をして冷静に聞いている馬場ちゃん。って感じだったんだけど、この時は珍しく「これからの不安」っていうのかな。「そんな時期なんだよね」なんて話を俺にしたんだよね。

今ぐらいの時期って職業は違っても年齢的に変化や新たな自分が必要だと思う時期なんだなって思って・・・。

だから話を頂いたときにすぐに馬場ちゃんの顔が浮かんで。すぐに電話してお願いしたんだよね。

本人はそうとう困ってたみたいだけど(笑)。「俺が!?」みたいな。

みんなも知っての通りエルゴラッソ や J’sゴール 、サッカーマガジン、サッカーダイジェスト、今年のファンブックなどでもおなじみだけど「書籍」という部分では初めてだしすぐに返事がなかったのも当たり前だと思う。

でも俺はなんの不安もなかった。馬場ちゃんに描いて欲しかったし、描いてもらえるなら全てを話そうと思ったし。

何より数日前に話をしていたことへのきっかけになってくれるんじゃないかなって。

俺の勝手な勘違いでお願いだったのかもしれないけど、話のタイミングがリアル過ぎて。

自分の思っていた返事を頂いてからは・・・エルゴラッソでの話にもあるように「クリスマスイブ」を本の取材で一緒に過ごしたし、横須賀の実家にも行ったし大好きな高知にも一緒に行った。お酒飲みながら話もした。友達にも会ってもらったし。

話だけでは分からない部分ってある。だから育ったところも仲のいい仲間にもお世話になった人たちにも・・・。馬場ちゃんなりに「感じてもらう」中で「石川 直宏」という人間を表現してもらいたかった。どういう風に見てくれたのか俺も知りたかった! 読んでくれる人たちにもそういった部分も感じてもらえるように。

読んでもらいたいなって俺が思ってる人ってたくさんいます。

同じような悩みを持っている人へのメッセージになればなって思うし、サッカーを知らない人が「こんな選手がいるんだ」って興味をもってもらえたらなって。
家族もそう、どんなときでも応援し続けてくれているファンやサポーターのみんなにももちろん!

俺の想い、その横でからだで感じありのままを表現してくれた馬場ちゃんの想い。 楽しみにしていてください♪

そして今回多くの方にご協力いただきました。本当にありがとうございました!

みなさんへの感謝はピッチで自分なりに表現したいと思います。もちろん明日も!

明日もこれからも自分らしく「まっすぐに平常心」で・・・

なおひろ

コメント