熱い気持ち

こんばんは!

10月になってから初更新です。

 

まずはたくさんのプレゼントの応募、そしてメッセージありがとうございました!

毎日メールが来るのを楽しみに待っていました♪ちなみに応募総数は「316通」!!

俺にとってはありがたいことなんだけど、応募してくれたみんなにとってみれば当たる可能性が低くなってしまうよね。申し訳ないです・・・

ほんとはもっと作れればよかったんだけど、あくまで趣味でチャレンジしたもので。

今のところこれ以上作る予定も売り出す予定もないけど、デザインのアイディアがパッと浮かんでくれば(笑)また新しいものにチャレンジをしようと思っているので、まぁ気長に期待していて下さい(笑)。

 

 

さて、先週の試合ですが・・・

っとその前にここ最近の試合の話をしていなかったね。

まぁそれらもすべて含めた話を。

 

最高な雰囲気の中でサッカーが出来ていることに感謝しています!

味スタはもちろん、遠い札幌の地でも最後まで諦めずに試合が出来ました!

もちろん、僕らが毎試合魅力あるサッカーをして結果を残していくことが大事なのかもしれないけど、それだけでは僕ら選手は成り立たないし成長できない。

気持ちのこもった声援があるからこそ気持ちのこもった最後まで諦めないプレーができる。

大勝、僅差、大敗・・・ どんなときでも熱い応援、一緒に戦う姿を見せてくれるサポーターに感謝しています。

清水戦での試合後、挨拶のときもロッカーに引き上げてからも止まないサポーターからの声に熱いものが何度も込み上げてきて・・・

俺らは絶対に諦めないし最後までうちのチームらしいサッカー、プレーの中で結果を求めて戦います!

今さらだけど、今まで以上にFC東京を愛する気持ちが強くなったし、このチームでもっともっと上手くなって強くなってタイトルを勝ち取りたいと思った!!

また強い気持ちの中で明日から、そして次の試合へと臨めます!

切り替えはもうできたよ!

 

 

試合の次の日は日頃たくさんのサポート、応援をしてくれている「商店会」にお礼、挨拶も含めて行ってきました。

俺は「下高井戸商店街」、「千歳烏山商店街」、そして「八丁商店街」へ・・・

当日はたくさんの方々に声をかけてもらって嬉しかった♪本当は自分の方からお礼を言わなければいけないのに逆に力をもらいました!

 

 

下高井戸の「丸シフルーツ店」の入口にはこんなものもっ(汗)・・・

お店のオヤジさんには熱い声援を頂きました!!

「次、頑張ります!」  そして今度は満面の笑みのイラストを♪

 

千歳烏山では当日に商店街の放送で声をかけてくれてたくさんのサポーターがわざわざ足を運んでくれました!ありがとうございました!

 

八丁ではその日にイベントをやっていたこともあり、みんなが集まっている場で少し挨拶をすることができました!バンドのカッコイイおじさんたち、いやお兄さんたち(笑)、貴重な時間をありがとうございました♪

 

みなさんの熱い気持ち、ピッチの上で表してその気持ちに応えていきます

 

 

そして昨日、今日と休みをもらったのでリフレッシュしてきました

昨日は実家に帰って両親と食事へ・・・

10月6日は前にも話をしたように結婚記念日で、親父の誕生日でもあるためプレゼントを買って帰りました。

気に入ってくれたようで何より♪

でもしばらく実家にいたおばあちゃんは清水戦を観てから帰ってしまったため、実家は何だか寂しい雰囲気でした。

最後の試合は勝てなかったけど、連勝やゴール、アシストが出来た試合を見せることが出来たからおばあちゃんも喜んでいました

来てくれるといい試合やゴールが必ずと言っていいほどできるので、俺にとって「勝利の女神」だね

これからも長生きしてもらって、期間限定じゃなくて毎回来てもらわないと♪

 

実家へ帰ったときによく行くお寿司屋さん

なんたってネタがでかくてビックリ

美味しく頂きました♪

 

 

そして今日は早起きしてジモティ~のご存知「ケント」と湘南へ波乗りに・・・

「早起きは三文の徳」ってなかんじで、形の良い波でファンサ~フ

その後は七里ガ浜にあるうわさの「ビルズ」で買い物をして鎌倉で遅めのランチ♪ ちょっとブラついてから帰ってきました。

いい雰囲気♪

心地よい潮風と、少し路地に入れば金木犀の落ち着く香り・・・

夏の活気からだいぶ落ち着いた今のこの時期も大好きです♪

 

さぁて、また充電も満タンになったことだし、明日からまた頑張ります!

 

 

 

最後になりましたが先日、後輩で弟の同期でもある知人が亡くなりました。

彼とは小学校の途中から、マリノスでも一緒にプレーした後輩でした。

今でも一番記憶にあるのが、小学校のときの試合中に彼は頭を切る怪我をしてしまい試合途中で退場して病院で縫合の治療を受けました。

小学校のときだったため、みんなは慌ててたし俺も試合どころじゃなかったけど、「アイツの分まで頑張ろう」と力を合わせてみんなで戦った記憶があります。

その日は何試合か試合があったため、その後も試合がありました。

治療を終え頭に包帯を巻いた彼は何事も無かったかのように「次の試合に出たい」と言っていたけど無理をさせずに試合を休みました。

学年は1つ下だったけど上手かったし、物怖じしない性格とガッツもあった。その頃の一緒にプレーをした記憶がよみがえってきました。

きっとそんなガッツで病気とも闘っていたと思う。

 

この場にはなりますが、ご逝去を悼み、ご冥福をお祈りいたします

 

 

なおひろ

 

 

 

コメント