ちょっと早いけど・・・

NEC_0018.JPG

 

こんばんは! そして メリークリスマス♪

ってゆーかいきなりこの写真は強烈すぎたかな(笑)。

でもカワイイでしょ!? ノリオの満面の笑み!!俺はちょっと照れがある顔になっちゃった。

というかもうこの時期だもんね~・・・。 幼い頃からクリスマスの思い出は様々で。 あとはご想像にお任せしましょう(笑)。

 

みんなも知っての通り、僕らは早くもオフに入ってしまい毎日のんびりすごしています。

いきなりのオフだから何をしていいのか分からない。っていってもオフはゆっくり過ごすものだからまぁいいかな??

20日までは取材なんかがちょこちょこ入っているのでもうしばらくはこっちにいるつもり。去年は29日までリハビリだったからね。いつもだったらすぐにでも横須賀へ帰っちゃうんだけど、のんびり掃除や片付けをしながら過ごそうかなって感じ。

でも全くはかどらないんだよね。「まだいいだろう」って思ってしまっている自分がいて・・・。

 

そんな中でも明日から少しからだを動かす時間を作ろうかなと考えていて。あまりにべったりと休んでいると元に戻すのが大変だしね。膝のほうも休みすぎてても良くないから。しかもすでに「サッカーやりたい病」も少しずつ出始めてきたみたいだし(汗)。

でもそういう気持ちって来年に向けても大事なこと。そんな気持ちもうまくとっておきながらパワーを今の時期に蓄えておかなきゃね!

 

話は変わるけど、Jユースカップでうちのユースが名古屋に勝って決勝進出だよ!

残念ながら決勝戦は神戸でやるみたいなんで観に行くことはできないけど、頑張って優勝してもらいたいね!!

トップで一緒にトレーニングしている「権ちゃん」や「吉本」、「森村コータ」。

他のメンバーもよく一緒にトレーニングしていたけど、本当に技術や戦術眼があって力がある選手たちだったからきっといい結果を残してくれると思うけどね。

俺もマリノスユースの頃にこの大会に出ているんだけど(いい結果は残せなかったけど・・・)、そのメンバーでやる最後の大会だったし、沢山の思い出がある。

やっぱりクラブの下部組織っていうのは高体連のチームと違って、チームワークというよりは各選手がライバルでトップチームに上がるためにしのぎを削りながら毎日を過ごしていたと思う。俺のときはそういうピリピリした雰囲気のなかでトレーニングや試合をしていた。

もちろんうちの下部組織の選手たちもそんな雰囲気のなかで毎日を過ごしているのだろうけど、その中でもしっかりとしたチームワークが存在するんだよね。

そんなに沢山練習や試合風景を見ている訳ではないけどそういった雰囲気や姿勢が感じられるし、権ちゃんや吉本から話を聞くと 「ホント仲がいいんすよ~」って。

こういうことってなかなか出来ないこと。俺らトップチームも見習わなければいけないことだよ!

24日、世間はクリスマスイブではあるけれど優勝して最高な日にしてもらいたいね!!

 

こういうことを思ってるとますますサッカーがしたくなる訳なんすよ(笑)

 

 

さてさて、前回の日記でも話をしたように 「今年を振り返る」 ことにしようかなと思っているんだけど・・・

細かい俺自身の気持ちや心境の変化は前の日記を読み返してもらってみんなに感じてもらえればいいと思ってる。その時そのとき書かれていることが一番正直でリアルだと思うから。

リハビリの時期、復帰、勝てない時期、手ごたえの出てきた時期や試合などなど・・・

毎年年末に自分のサッカーノートとこの日記を読み返し1年を俺自身も振り返っているんだよね。

ただ正直なところ、ノートは8月30日のセレッソ戦から先は白紙のままの状態。

とにかくあれから今まで走り抜けてきたという感じ。あっという間にね・・・

なんで白紙のままなのか?俺にもよく分からない。いつものように年末に今年1年を振り返り、自分がそこにどんな言葉を書くのかもまだ分からない。

だけどうまく言葉に表せないのかも。

今までも苦しいことは沢山あった。苦しかったり悔しかったりすることって書くことで自分を落ち着かせたり言い聞かせたりすることができるんだけど、復帰してからの自分の気持ち、サッカーができることへの幸せや嬉しさ、楽しさってなんだかうまく正直に書くことができない。

ただ書くことはできなくても自分のなかにしっかりとある。その気持ちを素直に表現できる場所が自分にとってはやっぱりピッチなのかもしれない。

その気持ちを素直に表現できるピッチの上でのプレーをみんなに見てもらうことが俺にとっての最大の喜び。

 

そういった自分にとっての原点のなかで試合に勝つ喜びがあり、選手やチーム、サポータが一体となるあのスタジアムの雰囲気を心から幸せに感じることができた。

 

今年の2月にノートに書かれていた言葉、気持ち。

「ふと気づくとサッカーがやりたくなって、その気持ちを抑えて我慢しての繰り返し・・・ この繰り返しはいつになったらしなくてすむのだろう。自分をうまくごまかして言い聞かせて納得させる。それしかできない」

あの頃は復帰して試合に出てゴールして勝つ・・・なんてイメージは全くできなかった。

でもどんなときでも諦めずに逃げずにやってきた。今、そしてこれからのために・・・

 

 

今年1年どんなときでも応援してくれて、支えてくれたみんなには本当に感謝しています。来シーズンは今まで以上に結果が求められてくるけど、結果と共にこれからも俺らしいプレーをピッチで表現していきます! ありがとう

 

なおひろ

 

 

 

 

カテゴリー: Diary |

共に戦ってきた仲間

  NEC_0015.JPG                          NEC_0017.JPG

ふみさん ジャーン たいしくん ありがとう!!

                                        NEC_0016.JPG

 

こんばんは!

リーグ戦が終了しました。 最終戦、最後まで苦しい戦いだったけど勝って大分から帰ってこれてよかったよ。 ジャーンと一緒にプレー出来るのも最後だったし・・・。共に勝利をわかち合えて本当によかった!

 

でも今は天皇杯に切り替えて毎日トレーニングしています。

リーグが終わったので1年を振り返ってみようかと思ったけど、それは天皇杯が終わってからにするよ。今年、いや・・・去年を振り返ってという形になるように。まとめは元旦過ぎてからだよね!決勝行った後にでもしますか♪

 

昨日は写真を見ても分かるように選手で食事会をしました(焼肉!!)。

ちょっと暗くて見にくいのと(撮影はコザワ)、手に持っているジョッキはお許しを!?(笑)。

天皇杯に向けてと今日ブラジルに帰国したジャーンのお別れ会をしてきた。

 

ジャーンとは2002年の頃から一緒にプレーしてきたけど、本当に頼もしい存在だったしピッチの外ではナイスガイだったね♪

日本を離れるのが本当に辛いって言ってた。そしてこのFC東京から離れることに関しても。今年は怪我でフルにはプレーできなくてもどかしい気持ちがあったと思うけどジャーンの力があればどこでプレーしても大丈夫だと思う。

どんなときでも精一杯プレーし、熱いハートを持って戦っていた。そんな姿、そしてナビスコカップ決勝でジャーンが退場した姿やロッカールームでの表情も忘れない。 

 

たいしくんとも2002年から一緒にプレーしてきた。

どんなに苦しい状況であっても自分を見失わずにトレーニングしていた。

JFL,J2の時代からチームを支えてきた人だからこのチームを誰よりも愛していると思う。それはこの日の挨拶でも強く感じた。そんな気持ちを俺らでしっかり受け継いでいこうと思う。

 

今のこのメンバーでサッカーができるのも今年で最後だからね。勝ってくよ天皇杯!!

 

 

来年の監督も決まったね。

また原監督のもとでプレーできることを幸せに思ってる!

でもまた一からアピールです。

 

それではまた週末いい報告がみんなに出来るように・・・     なおひろ

 

 

 

 

 

カテゴリー: Diary |