移籍について

こんばんは!

みなさんには心配おかけしましたが、移籍についての結論が出ました。
新聞などの報道での通り、昨日の朝にイタリアのトレビゾから正式にオファーがあり、チームから正式な形で話がありました。
移籍の期限というものがFIFAでは決まっていて、それが今月中まで。実際に正式なオファーがきたのは昨日の29日だから本当に移籍期限ギリギリのなかでの話し合いになりました。
実際トレビゾがセリエAに昇格が正式決定したのが今月の18日。そこからの話になる訳だからオファーが今月末になったのは僕自身も理解できます。
まぁそんな流れの中での自分自身の決断が今日になったという訳です。

結果的に今回のオファーに対して話し合いをした結果、オファーを断ったという形になったんだけどこの短い期間の中での判断、チームとしての判断は難しいものがあった。
俺はチームに対してこういった話が来た場合には話し合いの場を設けてもらえるように話していたし、実際にそういう話があるなしに関わらず自分の目標や目指すべき姿、そしてチームに対しての気持ちなどの話は日ごろからしていた。

俺が前にも話をしたように、海外移籍というのはチームにとっても、そして俺自身にとってもプラスになるような形を望んでいる。
そういった意味では自分が希望していた「チャンスだし、今の時期に刺激を受けて一回りも二回りも成長して帰ってきて自分の育った、成長したFC東京でそういった力をチームの力にしたい」ということが、正直今の決して良いとは言えないチーム状態のなかでいくのがベストなのかと考えたときに、そうではなかった。
もちろん俺の正直な気持ちをすべてチームに伝えた上で、チームが最終的に決めた判断だし、俺もチームとしての意見を聞いて納得をした上での形になった訳です。

でも今回の話はやっぱり1人のサッカー選手として自信になるし、そういった評価を聞くことができてモチベーションがさらに高まった!
俺にとって初めての経験。移籍という形にはならなかったけど、得るものも多かったしね。

明日からはまた切り替えて、新たな気持ちでトレーニングしていきます。柏、清水と、大事な試合も続いていく。チーム一丸となって結果につなげていこうと思ってるし、それが自分の評価にもつながる訳だから!!

うれしかったのは、どんな選択、状況になっても俺を今まで通り応援していきますというみんなからの直接の声やメールを沢山頂いたこと。
だからこそ早く自分の正直な気持ちをここで伝えようと思っていたんだけど、本当に短い期間でのことだったから・・・。

昨日は色んなことを考えて寝られなかったので、今日はもう寝ます(笑)。っていってももうこんな時間!

それではまた、おやすみぃ・・・   なおひろ

コメント